Be Wel!

英語で自分を表現できた!
英語で自分を伝えられた!
という喜びを味わって欲しい

それがBeWel!の一番の願いです。
なぜ人が言語を学ぼうとするのか、身に付けたいと思うのか。それは自分を伝えたいから、人と交流したいからではないでしょうか。海外に行って現地の人とやりとりができたら素敵だな、そう思いますよね。自分の世界がぐっと広がったように感じられるものです。単語や表現を覚えるのも、その先に伝え伝えられる喜びや、未知の世界を体験できるワクワク感があるからです。

しかし、外国を身近に感じることが難しい日本の英語教育においては、本来なら手段であるはずの英語習得自体が目的になりがちです。何のために英語を身に付けたいのか、習得してどうしたいのか、その動機付けが曖昧なまま学習が進められる傾向にあります。その結果、継続が求められる言語学習が単調になり、やる気も失ってしまいます。

英検に合格したり、テストで高得点を取ることも大切な動機付けではありますが、それだけだと勉強のための英語学習となってしまいます。それがどれほど面白味がなく結局苦労した割に使えるようにならないか、皆さんは自分の経験からご存じのはずです。

一体何を動機に学習してゆけばよいのか

BeWel!はひとつの提案として、「英語で活動し表現することの楽しさ、喜び」を挙げたいと思います。英語で活動する楽しさが子供達のモチベーションを維持し、学習の継続を可能にするのではないかと考えます。まずは自分のこと、そして身の回りのことを英語で他者に伝えていく…そんなシンプルな活動から始めていきたいと考えています。

ただ、ゲームをしたり、歌を歌ったりするその場限りの受け身の楽しさだけではなく、或いは、受け答えを教科書通りに間違わずにできることでもなく、しっかりインプットした単語や表現を自分なりに使ってみる楽しさを、毎回のレッスンで追及していきたいと思っています。

そこには、子供達に多少の自発的な姿勢や取り組みを要求するかもしれません。それは一種のストレスでもあります。けれど、そこを乗り越えた時には伝えられた達成感という喜びが待っています。その経験の積み重ねが子供達の自信につながり更なる学習のモチベーションとなってくれるでしょう。

そして最終的に英語を「自分のもの」にしてゆくことに繋がっていくのです。

言語を身に付けるために一番大切なことは。

BeWel!は「目標を段階に応じて設定しながら継続すること」であると考えます。今の自分がクリアすべき目標を認識し、それを達成するというプロセスを積み上げていくのです。すると、少しずつ自分の表現の幅が広がっていくことが実感できるはずです。
自分を表現し伝える楽しさ、喜びこそが、人間の言語習得の基本的な動機であり、英語学習を継続していく原動力となっていくと信じています。子供達の英語力の土台を築くため、学習を全力でサポートしていく、それがBeWel!の使命だと思っています。

LINEからのお問い合わせ

LINEにてアカウントを「友だち追加」していただき、お問い合わせください。

友だち追加

料金
年会費:11,000円 入会金:5,500円

PrimaryコースIntermediateコースAdvancedコースオンラインコース
月謝:6,600円(税込)/月4回
月謝:10,560円(税込)/月8回
毎週 水 16:30〜17:30・金曜日 17:00〜18:00
※祝日は休み
月に一度ネイティブ外国人講師のオンラインレッスンがあります。
月謝:8,360円(税込)/月4回
月謝:13,000円(税込)/月8回
毎週 月 16:30〜17:30
※祝日は休み
月に一度ネイティブ外国人講師のオンラインレッスンがあります。
月謝:9,240円(税込)/月4回
月謝:14,000円(税込)/月8回
毎週 月 17:30〜18:30
※祝日は休み
月に一度ネイティブ外国人講師のオンラインレッスンがあります。
月謝:7,500円(税込)/月4回
※祝日は休み
ネイティブ外国人講師のオンラインレッスン。
日本人講師も在中しています。

 

 

リアルレッスンコース(倉敷校)

講師プロフィール

朝川早穂
兵庫県姫路市出身。大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)ドイツ語科修士課程卒。ドイツ留学後、特許事務所にて英語秘書、その後高校で英語教師として勤務。2009年より倉敷市在住。
幼少期から、外国の絵本や児童文学に触れて育つ。この環境が海外への興味や憧れを育み、自身の英語学習において強い動機付けとなる。小学生の頃の夢は絵本作家。中学生の頃はハリウッド映画にはまり、友人とアメリカのアイドルや俳優に夢中になる日々。この頃から,
海外に住むことや留学が夢になる。高校生で初めてフランス映画を見たことを切掛けに、ヨーロッパの文化に興味を持つようになる。大学ではドイツ語を専攻するも、1、2回生の頃は大学受験の燃え尽き症候群で勉学に身が入らず、留年しそうに…。なんとか留年を免れ3回生で気を取り直し、4回生で2年間のドイツ留学を果たす。大学院では、第2言語習得理論をはじめ、EUの言語政策や外国語教育の実践について研究する。
教育現場では受験英語を教えるが、自身のやりたい英語教育とのギャップ、世界と日本の現状のギャップに悩む。
現在は、理屈で学ばない小学生たちを教えることに大きな可能性を感じています。

【講師よりメッセージ】

日本人の英語コンプレックスをなんとかしなければならないと思っています。
小学校に英語が導入されましたが、知識重視のカリキュラムが変わらない限り、現状改善は厳しいと思われます。そこは政府の課題ですが、では、現状で例えば私に何ができるだろうかといつも考えています。
小学生の間はまずはリスニングとスピーキングを中心に進めていきます。英語を使うことを目的とした場合にとても大切なことであり、後に文法理解や読解にも大変役に立ちます。
小学生はまだ成長度合いも様々で、得意不得意やモチベーション、集中力にも個人差が大きいです。
BeWel!では、基礎や発音からしっかり指導し、その子の特性や適性に応じて、アドバイスや声かけを行い、学習量にも配慮しながら無理のないように進めていきます。英語は子供達自身の可能性を広げてくれます。英語を好きになり、自分に自信を持ち、広い世界へ羽ばたいていって欲しいと願っています。そしてそのお手伝いをさせて頂くのが私の役目だと思っています。
まずは体験にお越しください。皆様との新しい出会いをいつも楽しみにしております!

ピックアップ記事

2020.11.6

さりお 11月6日号に掲載されました。

エリアと読者、みんなでつくるコミュニティーペーパー「さりお11月6日号」に掲載されました。 こちらからご覧いただけます。 https://…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る